毎日新聞デジタル保険ナビトップ > 保険業界の歴史と問題点を整理!⇒「保険の歴史を学ぼう!」

保険業界の歴史と問題点を整理!⇒「保険の歴史を学ぼう!」

 
生涯支払総額1,000万円超!! 意識改革、まずは知ろうとすること!!
 

生命保険の始まりは「お札の人物」

 

日本の生命保険の始まりは、1867(慶応3)年、福沢諭吉が著書の中でヨーロッパの『近代的保険制度』を紹介したことがきっかけです。

 

1881(明治14)年には、日本で最初の近代的生命保険会社である明治生命が設立。その後、1888(明治21)年に帝国生命(現在の朝日生命)、翌1889(明治22)年には日本生命が設立されました。

 

しかし、当初は「人の生死によって金儲けをするのか」という誤解に基づく批判もあり、定着するまでには時間がかかりました。

 

1898(明治31)年、生命保険事業の正しい発展と秩序を保つために生命保険会社談話会(生命保険協会の前身)が設立されました。

 

さらに1899(明治32)年には、政府が保険事業の取り締まりに動き出し保険業法を制定、各社統一の約款が制定されるなど、業界内部はしっかりと整備されていきました。

 

またこの頃、日清戦争(1894/明治27年)、日露戦争(1904/明治37年)を通じて遺族に対し保険金が支払われたことで、生命保険はより多くの人々の理解を得ることとなります。

 

1916(大正5)年、大熊内閣により労働者のための福祉政策として、最高保険金額を低額に限定した簡易生命保険がスタート。

 

1918(大正7)年・スペイン風邪や、1923(大正12)年・関東大震災などでその必要性をさらに強めた生命保険は、1923年に新設された所得税の生命保険料控除制度でさらに認知を高めます。

 

その後も順調に保有契約を拡大させていくことで生命保険会社の資産は増大し、金融機関としての地位も向上。

 

1935(昭和10)年末には、全金融機関の10%の資金量を占めるまでに至り、全国銀行、政府の資金運用部に次ぐ資産規模となりました。

 
そんな生命保険業界に大きな転機をもたらしたのは、第二次世界大戦の敗戦です。
 

第二次世界大戦の敗戦による所得の低下により、当時、年払・半年払に限られていた民間の生命保険会社の新契約は著しく低下していきました。

 

そんな中、簡易生命保険法により官営の独占とされていた月払の生命保険は、1946(昭和21)年に民間に開放、多くの保険会社がこの分野で再建の第一歩を踏み出します。

 

この月払保険では、セールスが担当地区の新契約募集と集金活動を並行して行う営業方法が導入されていましたので、新たに大量の営業職が必要でした。

 

家庭訪問という仕事内容、戦争復興期で男性が求人難、戦争未亡人にの働き手が豊富などの理由から、経験のない女性営業職員が大量に採用され、これが今日の『セールスレディ』の始まりとなったのです。

 

また急激な経済発展に伴うインフレや、核家族化の進展を背景にして求められる保険の形も変化し、それまでの貯蓄性の高い養老保険からより保障の大きな定期付養老保険、さらには定期付終身保険へと変化していきました。

 

1973(昭和48)年〜翌1974(昭和49)年にかけて、医療費の増加にともない疾病入院を組み込んだ商品が急速に普及しました。

 

なお、1973(昭和48)年にアリコジャパン、1974(昭和49)年にアフラックなど、現在ではお馴染の外資系保険会社が日本市場に参入をしてきたのもこの時期です。

 

これらの会社は、給付対象をがんに絞った「がん保険」や、死亡保障を低く抑えて医療保障を充実させた「医療保険」を発売するなど、順調に販売実績を伸ばしていきました。

 
バブル崩壊による景気の悪化と金融自由化に伴う競争の激化は相次ぐ経営破綻に繋がります。
 

バブル期になると、各保険会社は予定利率(保険会社が契約者に約束した運用の利率)5〜6%の契約を競い合って獲得していきましたが、バブルの崩壊により、各保険会社はそれらの契約に苦しめられることになります。

 

株価や地価の下落、金利低下により、中堅生保では逆ざや(実際の運用利回りが予定利率を大きく下回る)契約と不良債権の増加が深刻化。

 

1997(平成9)年4月、日産生命が生命保険会社としては戦後初めて破綻してから、2001(平成13)年にかけて千代田生命など7社が相次いで経営破綻するなど一時は契約者の解約の動きが強まりました。

 

また一方で、1996(平成8)年には金融自由化の一環として、生保子会社の損保や損保子会社の生保が誕生するなど、生損保の相互参入が進み、競争が激化していきました。

 

外資系の成長、金融自由化、他業種参入、経営破綻、乗合代理店やネット通販などの流通の変化などを経て、新たな『変革期』を迎えている現在の保険業界。

 

生命保険は長い間付き合っていくものなので、業界全般の動向に、広く視野を向けることをお勧めいたします。

 

保険の専門家、「独立系」FPにおまかせ下さい!

毎日 保険相談ノート」の運営会社、【保険マンモス株式会社】では、複数の保険会社を取扱うことができる、全国の「独立系」優良FP(ファイナンシャル・プランナー)による無料の保険相談(面談)を実施しております。

お電話での24時間ご予約受け付けも行っておりますので、保険見直しの方も保険未加入の方も、是非お気軽にご利用ください。

実績の!生命保険の無料相談

 
専門家(ファイナンシャル・プランナー)による保険相談が無料で受けられるんだね。フリーダイヤル「0120-030-730」土日もOK!無料相談のお申込み受付 平日7:00〜22:00 土日祝9:00〜20:00(保険マンモスが受け付けます):オペレータに毎日 保険相談ノートからのお申込みとお伝え下さい。
 
 
Topページに戻る『クリック!!』 このページの一番上へ『クリック!!』