毎日 保険相談ノートトップ > プロが教える保険の選び方 > ライフステージ別保険設計 > 新社会人になられた方の生命保険の選び方

新社会人になられた方の生命保険の選び方

 
新社会人になったら、親から経済的に自立するための心構えとして、イザという時のための保険にしっかり加入しておくことが必要です。
 
よし、自立するぞ!

ただし、一般的には、死亡保障については、自分が亡くなった時にかかる費用くらいは遺族に負担させないようにしておくという程度のもので十分で、ご自身の病気・ケガの治療のために医療保険を検討するのがまずは必要と考えられます。

 
まずは!!

新社会人の保険の現状と問題点!

 
ケース1

両親が掛けてくれている保険がある

 
現状

郵便局の簡易保険でかつ「養老保険」であるケースが多い。または、大手生保の『定期保険特約付・終身保険』や『アカウント型』(注1)と呼ばれる、どちらかというと『高額の死亡保障』にウェイトを置いた商品に加入しているケースがほとんどです。

 
問題点

「養老保険」の場合は保険期間が決まっていて、満期になると特約も含めてすべての保障が終了します。とりあえず今のままでいいやと保険の見直しを先延ばしにしているうちに、健康上の理由で保険に入れなくなったりすることもあるので注意が必要です。

また、大手生保の『高額の死亡保障』にウェイトを置いた商品の場合は、保障があっていない(大きすぎる)可能性が高いので、一度見直しが必要だと思われます。

 
ケース2

付き合いや義理加入・職場で加入した保険がある

 
現状

会社に来ているセールスレディから、よく検討せずに加入をした方は、大手生保による職域販売という制度で加入している場合が多いです。この場合は『定期保険特約付・終身保険』や『アカウント型』(注1)と呼ばれる、どちらかというと『高額の死亡保障』にウェイトを置いた商品に加入しているケースがほとんどです。

 
問題点

『高額の死亡保障』にウェイトを置いた商品の場合は、保障があっていない(大きすぎる)可能性が高いので、一度見直しが必要だと思われます。

 
ケース3

無保険

 
現状

親からの保険の引き継ぎがなく、またセールスに出会う機会もなかったため、未加入のままという場合です。

 
問題点

無保険状態で長い期間いることは、保険の加入リスク(加入できるか否か)を著しく増大させることになるので、『必要と判断するのであれば』早めに行動するのが良いと考えます。

 

(注1)『定期保険特約付・終身保険』や『アカウント型』国内の大手生命保険会社が積極的に販売した結果、6〜7割という高い 商品シェアを誇っている商品。メインの契約を終身・死亡保障か終身・医療保険にして、その上に1,000万〜5,000万円の比較的高額な掛捨ての定期保 険・特約が付加されているケースが多いので、新社会人の方の場合、それだけの高額保障が自分のニーズに合致しているか見極める必要があると思います。

⇒ 詳しくは『売れてるけど実は「?」な保険』をご覧ください。

そして!!

具体的な対策

 

保険の見直しや加入にあたって、何に注意すればよいでしょうか?

(1)加入目的についての優先順位をつけ、明確にする。

ポイント!

■自分の治療を目的とした保険(入院保険・がん保険・三大疾病対策等)を まずおさえる

■自分が亡くなった時のいわゆる葬式代・お墓代に相当する最低限の死亡保険を、 結婚して家族をもった場合も視野にいれながら検討する

■自助努力としての年金・蓄財をスタートさせる

■そのほか、自分の希望をリストアップして、優先順位をつける

 

(2)検討する上でのアドバイス

独身の場合、一般的にはまだ扶養している家族がいるわけではないので、大きな額の死亡保障が必要というわけではありません。

もちろん、家族に仕送りをしていて家族がそれをあてにして生活をしているような場合、もしあなたが亡くなると、家族は経済的に困りますので、家族が受け取り人になる死亡保険が必要です。

とはいえ、自分自身のことを守れないと話が始まらないので、独身の方の場合、優先順位としては、ご自身が病気をした場合のリスクをまずしっかりカバーすることを考えましょう。
それができた上で、死亡保障について考えるというのが一般的だと思います。
死亡保険について検討する場合、以下のポイントを注意しながら検討してください。

ポイント!

■まず改めて考えたいのは、『死亡保障が本当に必要か?どうか?』と いうことなのです

■不要だとしたら話は簡単で、後はもう医療保険のみに集中すればいいのです

ここで
「死亡保障ゼロではまずいな。じゃ、いくら位が妥当なんだろう?」という場合は、 『いくら(保険金額)』 が『いつまで(保険期間)』必要ですか?
ということが、重要なテーマになります。

『いくら(保険金額)』は、独身の方の場合、一般的には自分自身が亡くなった時の死後の整理資金(お葬式代・お墓代)ということになり、金額としては大体200万〜500万円程度をめどに、予算とのバランスで設計していきます。

『いつまで(保険期間)』については、目的が“死後の整理資金”で、死亡というのは、いつ起こるか分からないが、誰でも100%起こりうることなので、一生涯(終身)の保険期間があるものを設計されることが多いようです。

 ⇒ 詳しくは『生命保険・医療保険見直しは2ステップがいい!

新社会人の場合は、まだまだ保険の重要性が感じられないこともあるかもしれませんが、生命保険は体が健康でなければ加入できなかったり、不利な条件で契約せざるを得なかったりする、極めて特殊な金融商品です。従って、早いうちにある程度の金額の保険に加入しておくということもアリかもしれません。

保険の重要性に気がついて、これからしっかり先を見据えた保険の加入を検討したいと思った方は、保険のプロであるファイナンシャル・プランナーに相談して、基本から教えてもらうのも良いかもしれません。

 ⇒ 詳しくは『保険相談のメリット・デメリット

 
その他のライフステージ別 保険設計の考え方
 
結婚された方の保険

結婚された方の保険

 

結婚したばかりで、家族のための保険といってもピンとこない…という方も、健康で、少しでも若いうちに。

 
子供が生まれた方の保険

子供が生まれた時の生命保険の選び方

 

子供ができると、世帯主が死亡したときの遺族の経済的なリスクはぐっと現実的なものとなり保険の必要が。

 
住宅ローンを組んだ時の生命保険の選び方

住宅ローンを組んだ時の生命保険の選び方

 

住宅ローンを組むと、ほとんどの場合、同時に保険に加入することになるのはご存知でしょうか?

 
働いている女性の生命保険の選び方

働いている女性の生命保険の選び方

 

シングルで仕事を続けている女性、結婚して仕事を続けている女性、それぞれ必要な保険の保障って?

 
主婦の方の生命保険の選び方

主婦の方の生命保険の選び方

 

奥様が入院すると、医療費などの負担が増えますし、幼い子供がいる場合は、保育料など新たな支出が発生することが考えられます。保険を中心に…

 
退職された方の生命保険の選び方

退職された方の生命保険の選び方

 

現役時代以上に保険を軸にライフプラン・マネープランの重要性がましてくる年代です。

 
カテゴリーボックスボトム
 

保険の専門家、「独立系」FPにおまかせ下さい!

毎日 保険相談ノート」の運営会社、【保険マンモス株式会社】では、複数の保険会社を取扱うことができる、全国の「独立系」優良FP(ファイナンシャル・プランナー)による無料の保険相談(面談)を実施しております。

お電話での24時間ご予約受け付けも行っておりますので、保険見直しの方も保険未加入の方も、是非お気軽にご利用ください。

実績の!生命保険の無料相談

 
専門家(ファイナンシャル・プランナー)による保険相談が無料で受けられるんだね。フリーダイヤル「0120-030-730」土日もOK!無料相談のお申込み受付 平日7:00〜22:00 土日祝9:00〜20:00(保険マンモスが受け付けます):オペレータに毎日 保険相談ノートからのお申込みとお伝え下さい。
 
 
このページの一番上へ『クリック!!』