毎日 保険相談ノートトップ > プロが教える保険の選び方 > ライフステージ別保険設計 > 主婦の方の生命保険の選び方

主婦の方の生命保険の選び方

 
ご結婚されている女性の死亡保障は、各家庭における役割によって状況が変わってきます。ここでは専業主婦の方について考えてみましょう。
 

ご結婚されている女性の死亡保障を考えた場合、残された家族への影響は一般的には

共働きで夫と死別した時、妻の収入「大」の場合はお金の困り度「小」、妻の収入「小」の場合はお金の困り度「大」
 

となります。

例えば、専業主婦で、現在の生計を支えているのが夫であれば、万一のときも家族が経済的に困ることはあまりありません。

このように主婦の方の場合は、収入の大小によって、保険の入り方を考える必要があります。
 

働いている方の場合の保険選びについては、ライフステージ別保険設計の考え方の「働いている女性の方の保険選び」でご説明していますので、ここでは専業主婦の方について詳しく見ていきましょう。

まずは!!

専業主婦の保険選び

 

死亡保障

 

専業主婦の場合は、収入はありませんので、万一の場合の死亡保険としては

これらのことを考慮しましょう。

 

入院保障

 

奥様が病気やケガで入院すると、医療費や雑費などの負担が増えますし、幼い子供がいる場合は、夫は子供をどこかに預けて働かなければならず、ベビーシッターや保育料など新たな支出が発生することが考えられます。

これらのことを考えて、十分な保障がある医療保険に入っておくとよいでしょう。
具体的な医療保険の選び方については、「医療保険見直しの2ステップ」をご参考ください。

ポイント!

■自分が亡くなった時のいわゆる葬式代・お墓代に相当する最低限の死亡保険に、 家事・育児をカバーするための保障をプラスアルファとして考える

■自分の治療を目的とした保険(入院保険・がん保険・三大疾病対策等)を まずおさえる

 

いま流行りの女性保険とは

 

これまで見てきたように、専業主婦の方は入院保障などの医療保険をしっかり検討する必要があります。その中で、最近は、女性特有の病気に手厚い「女性のための保険」商品が数多く販売されていますので、ぜひ積極的に検討したいものです。

女性保険についての選び方については、コチラ!!

主婦の方の保険については、各家庭における役割によって状況が変わってきます。家族全員の将来を考慮した保険設計をするには、保険のプロであるファイナンシャル・プランナーに相談するのも良いかもしれません。
 

 ⇒ 詳しくは『保険相談のメリット・デメリット』をご覧ください。

 
その他のライフステージ別 保険設計の考え方
 
結婚された方の保険

結婚された方の保険

 

結婚したばかりで、家族のための保険といってもピンとこない…という方も、健康で、少しでも若いうちに。

 
子供が生まれた方の保険

子供が生まれた時の生命保険の選び方

 

子供ができると、世帯主が死亡したときの遺族の経済的なリスクはぐっと現実的なものとなり保険の必要が。

 
住宅ローンを組んだ時の生命保険の選び方

住宅ローンを組んだ時の生命保険の選び方

 

住宅ローンを組むと、ほとんどの場合、同時に保険に加入することになるのはご存知でしょうか?

 
働いている女性の生命保険の選び方

働いている女性の生命保険の選び方

 

シングルで仕事を続けている女性、結婚して仕事を続けている女性、それぞれ必要な保険の保障って?

 
社会人になられた方の生命保険の選び方

社会人になられた方の生命保険の選び方

 

社会人になったら、イザという時の保険のこともしっかり考えましょう。

 
image

退職された方の生命保険の選び方

 

現役時代以上に保険を軸にライフプラン・マネープランの重要性がましてくる年代です。

 
カテゴリーボックスボトム
 

保険の専門家、「独立系」FPにおまかせ下さい!

毎日 保険相談ノート」の運営会社、【保険マンモス株式会社】では、複数の保険会社を取扱うことができる、全国の「独立系」優良FP(ファイナンシャル・プランナー)による無料の保険相談(面談)を実施しております。

お電話での24時間ご予約受け付けも行っておりますので、保険見直しの方も保険未加入の方も、是非お気軽にご利用ください。

実績の!生命保険の無料相談

 
専門家(ファイナンシャル・プランナー)による保険相談が無料で受けられるんだね。フリーダイヤル「0120-030-730」土日もOK!無料相談のお申込み受付 平日7:00〜22:00 土日祝9:00〜20:00(保険マンモスが受け付けます):オペレータに毎日 保険相談ノートからのお申込みとお伝え下さい。
 
 
このページの一番上へ『クリック!!』