毎日 保険相談ノートトップ > プロが教える保険の選び方 > ライフステージ別保険設計 > 住宅ローンを組んだ時の生命保険の選び方

住宅ローンを組んだ時の生命保険の選び方

 
生命保険の保障額を設定する時に、遺族にとって住む場所が確保できているかどうかは、非常に大きな問題となります。 まずは!!

住宅ローンを組んだ時の注意点!

 
それでは、住宅ローンを組んで住宅を買っている場合はどうなるの?
 
良かった!

金融機関から「住宅ローン」を利用した場合、一般的に『団体信用生命保険』も合わせて加入しています。

そして「万一」の時には、ローンの残高はこの『団体信用生命保険』から銀行に支払われますので、以後のローン返済はなく、ご遺族は住居の心配から解放されるのです!!

 

そしてここが重要!!

さらに、住宅ローンを組む前に、「賃貸住宅」に住んでいて、かつ生命保険に加入していた方の場合。
ご加入の生命保険は、ご主人に万一のことがあった場合の『以後の住宅費用』を考えた設計になっている可能性があります。

これがどういうことか、お分かりでしょうか?

ローンで住宅を購入したことで以後の住宅費の心配がなくなり、その分の保険金額を減額できる。すなわち保険料を節約できることになるのです!!
 

このように、住宅ローンによる住宅の購入で、保険が節約できる場合がありますので、住宅ローンを組む時には、合わせて保険も見直すとよいでしょう。

そして、住宅ローンと生命保険のことを一緒に相談するなら、保険も含む金融のプロでもあるファイナンシャル・プランナーに相談するのが良いかもしれません。

 ⇒ 『ファイナンシャル・プランナーって何ですか?

 

団体信用生命保険について

 

団体信用生命保険(通称「団信」と言われています)は、住宅ローンの返済途中で死亡、高度障害になった場合に、本人に代わって生命保険会社が住宅ローン残高を支払う制度です。

金融機関が、ローンの利用者をまとめて生命保険会社に申し込むもので、掛け金も安く、また加入時年齢による条件の差がなく、メリットの多い保険であるといえます。

 
そんなに大切なら、ぜひ入っておかなきゃ!ボクのローンは大丈夫かな?
 

民間の住宅ローンの場合、保険料がローン金利に含まれている場合がほとんどです。そのため、利用される皆さんは自分が生命保険に加入していることを意識していないケースが多いのです。

しかし、もし既に保険に加入していて、その中に住宅資金の保障額も含まれているのであれば、それは重複加入です。

ですから、住宅ローンを利用する時には、必ず加入している保険も見直しましょう!

そうすれば、

ポイント!
  • 減額した分の保険料を住宅ローンの繰上返済の資金に充てる
  • 長期療養で返済ができなくなるリスクに備えて、長期所得補償保険等の損保に加入する

など、効率の良い運用プランに組み替えることもできます。

 

団体信用生命保険の種類

 

団信の種類は大きく公的ローンと民間ローンに分けられますが、民間ローンでは金融機関によってユニークな団体信用生命保険プランを用意しているところもあるようです。

 

1) 住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)

 

住宅金融支援機構などの公的ローンを利用するときには、公庫団体信用生命保険が利用可能になります。ローン残高に応じて保険料が減っていくので、合理的かつ安価な掛金の保険です。

 
任意加入ですが、なんとローン利用者のうち、95%が加入していることからも、ローコストでリスク管理ができるメリットがおわかりいただけるでしょう。

さらに!
『返済者のどちらかが亡くなったら、ローン残高が全額相殺される』という共働き用のプランもあり、保険料が2人分=2倍ではなく1.55倍というように、割安な設計になっています。

 

2) 民間ローン

 

銀行などの民間住宅ローンでは、基本的に団体信用生命保険の加入が義務付けられていますが、ほとんどの場合、ローン金利の中に保険料が最初から盛り込まれているので、それほど意識することはありません。

 
そして、最近では、団体信用生命保険で独自性を打ち出した、ユニークな住宅ローンを用意する銀行が登場してきました。
 

例えば、最近地方銀行で導入が進んでいる「がん保障特約付団体信用生命保険」は、ローン期間中に生まれて初めて「がん」になってしまった場合に、通常の団体信用生命保険と同様、住宅ローン残高の100%相当額が支払われ、ローン返済に充てられる団体信用生命保険です。あくまでも任意加入で、金利が上乗せされますが、三大疾病と言われる「がん」にも適用されるという注目のプランです。

これまでみてきたように住宅を購入されるタイミングは、保険を過不足のないモノにするいい機会でもあります。

しかしながら、このムダをチェックしていく作業はやはり専門知識が必要になってきますので、皆さんが時間とエネルギーをかけて調べるのではなくファイナンシャル・プランナー(以下FP)と呼ばれる家計や保険相談の『プロに任せてしまう』のがスマートなのかもしれませんね。

 ⇒ 詳しくは『保険相談のメリット・デメリット

 
その他のライフステージ別 保険設計の考え方
 
社会人になられた方の生命保険の選び方

社会人にられた方の生命保険の選び方

 

社会人になったら、イザという時の保険のこともしっかり考えましょう。

 
子供が生まれた方の保険

子供が生まれた時の生命保険の選び方

 

子供ができると、世帯主が死亡したときの遺族の経済的なリスクはぐっと現実的なものとなり保険の必要が。

 
結婚された方の保険

結婚された方の保険

 

結婚したばかりで、家族のための保険といってもピンとこない…という方も、健康で、少しでも若いうちに。

 
働いている女性の生命保険の選び方

働いている女性の生命保険の選び方

 

シングルで仕事を続けている女性、結婚して仕事を続けている女性、それぞれ必要な保険の保障って?

 
主婦の方の生命保険の選び方

主婦の方の生命保険の選び方

 

奥様が入院すると、医療費などの負担が増えますし、幼い子供がいる場合は、保育料など新たな支出が発生することが考えられます。保険を中心に…

 
退職された方の生命保険の選び方

退職された方の生命保険の選び方

 

現役時代以上に保険を軸にライフプラン・マネープランの重要性がましてくる年代です。

 
カテゴリーボックスボトム
 

保険の専門家、「独立系」FPにおまかせ下さい!

毎日 保険相談ノート」の運営会社、【保険マンモス株式会社】では、複数の保険会社を取扱うことができる、全国の「独立系」優良FP(ファイナンシャル・プランナー)による無料の保険相談(面談)を実施しております。

お電話での24時間ご予約受け付けも行っておりますので、保険見直しの方も保険未加入の方も、是非お気軽にご利用ください。

実績の!生命保険の無料相談

 
専門家(ファイナンシャル・プランナー)による保険相談が無料で受けられるんだね。フリーダイヤル「0120-030-730」土日もOK!無料相談のお申込み受付 平日7:00〜22:00 土日祝9:00〜20:00(保険マンモスが受け付けます):オペレータに毎日 保険相談ノートからのお申込みとお伝え下さい。
 
 
このページの一番上へ『クリック!!』