毎日 保険相談ノートトップ > プロが教える保険の選び方 > ライフステージ別保険設計 > 退職された方の生命保険選び

退職された方の生命保険選び

 
定年退職後は、これまでの給料がなくなり、退職金や年金によって生活をすることになりますので、生活環境が大きく変わります。また年齢的に、病気やケガの可能性も高まってきますので、ぜひ保険を見直しておきたいところです。
 

定年退職後の保険選びの考え方

 

死亡保障

 
子供が独立しているので考えておくことは1.お葬式代プラスアルファ2.配偶者の生活費3.相続対策の3点でok!
 

多くの場合、すでに子供が独立していますので、お葬式代等の費用と残された配偶者の生活費を補える程度の保険でよいでしょう。 また、相続財産が自宅などの不動産が中心となる場合などは、財産の分割などの相続対策として生命保険に入っておくことも重要です。

 

入院保険

 

病気やケガに対する備えは重要です。十分な貯えがあるという方は別ですが、長期入院なども想定して、しっかり検討しておいた方がよいでしょう。

その際の注意点!

今入っている保険がある方で、別の保険に切り替える時は、新しい保険に加入してから既存の保険を解約するようにしましょう。

 

健康状態によっては、新たに保険に入れないということもありますので、既存の保険の保障が十分でない場合も、安易に解約することは避けるべきです。

 
具体的な医療保険の選び方については、「医療保険見直しの2ステップ」をご参考ください。
ポイント!

保険証券を確認して、もしあなたの入っている保険が「定期保険特約付終身保険」であったら、注意が必要です。60歳か65歳の満期により、死亡保障が終身部分の数百万円だけになり、医療保障などの特約もなくなってしまう場合があります。そのままでは、かなり不安な状況になりますので、早めに確認しておいた方がよいでしょう。

 

この保険についての注意点は『売れてるけど実は「?」な保険』をご覧ください!!

 

定年退職後のマネープラン

 

退職後のマネープランで柱となるのは、以下の3つテーマです。

退職金を含むリタイアメント資金をどう運用し活用するのか?
退職金のようなまとまった現金を受け取ったことのある人は、あまり多くなく、運用経験もないため、結局、銀行や郵便局に預けるパターンが多いようです。
もちろん、運用の失敗で資金を減少させてはいけませんが、しっかりリスクコントロールをした上で、積極的な運用も検討したいものです。

国の社会保険・健康保険に対する対応をどうするのか?
社会保険等の手続きは、ちょっとした手続きのタイミングの差で、受給金額に差がでてきます。退職者の継続保険制度などは、一回でも着金が遅れると資格が抹消されてしまいます。
また、制度もどんどん変更されるため、改正情報を常に最新のものにするように、情報収集も大切です。

企業の福利厚生制度(年金・保険制度)はどうするのか?
福利厚生制度は会社によって大きく変わります。戦略的に福利厚生を厚くする会社もあれば、コストダウンとして薄くする会社もあります。しかし、会社の福利厚生制度 は国の社会保険上乗せ部分として大きな意義と機能があります。そして、これらに不足がある場合に、不足部分を民間の保険で補うことになります。

ポイント!

上記のいずれの場合においても、素人が自分ひとりで判断するのは難しいため、いい相談相手をみつけて、話をしながらプランを立てていくと良いでしょう。 そしてその相談相手としては、専門家であるFP(=ファイナンシャル・プランナー)が最適です。日本ではまだ広く認知されていませんが、欧米では高いステータスのある職業として知られています。特に企業FPではなく、独立系のFPにしっかり相談にのってもらう機会を作ってみることをおススメします。

 

詳しくは⇒ 『保険相談のメリット・デメリット』をご覧ください!!

 
その他のライフステージ別 保険設計の考え方
 
結婚された方の保険

結婚された方の保険

 

結婚したばかりで、家族のための保険といってもピンとこない…という方も、健康で、少しでも若いうちに。

 
子供が生まれた方の保険

子供が生まれた時の生命保険の選び方

 

子供ができると、世帯主が死亡したときの遺族の経済的なリスクはぐっと現実的なものとなり保険の必要が。

 
住宅ローンを組んだ時の生命保険の選び方

住宅ローンを組んだ時の生命保険の選び方

 

住宅ローンを組むと、ほとんどの場合、同時に保険に加入することになるのはご存知でしょうか?

 
働いている女性の生命保険の選び方

働いている女性の生命保険の選び方

 

シングルで仕事を続けている女性、結婚して仕事を続けている女性、それぞれ必要な保険の保障って?

 
主婦の方の生命保険の選び方

主婦の方の生命保険の選び方

 

奥様が入院すると、医療費などの負担が増えますし、幼い子供がいる場合は、保育料など新たな支出が発生することが考えられます。保険を中心に…

 
社会人になられた方の生命保険の選び方

社会人になられた方の生命保険の選び方

 

社会人になったら、イザという時の保険のこともしっかり考えましょう。

 
カテゴリーボックスボトム
 

保険の専門家、「独立系」FPにおまかせ下さい!

毎日 保険相談ノート」の運営会社、【保険マンモス株式会社】では、複数の保険会社を取扱うことができる、全国の「独立系」優良FP(ファイナンシャル・プランナー)による無料の保険相談(面談)を実施しております。

お電話での24時間ご予約受け付けも行っておりますので、保険見直しの方も保険未加入の方も、是非お気軽にご利用ください。

実績の!生命保険の無料相談

 
専門家(ファイナンシャル・プランナー)による保険相談が無料で受けられるんだね。フリーダイヤル「0120-030-730」土日もOK!無料相談のお申込み受付 平日7:00〜22:00 土日祝9:00〜20:00(保険マンモスが受け付けます):オペレータに毎日 保険相談ノートからのお申込みとお伝え下さい。
 
 
このページの一番上へ『クリック!!』