毎日新聞デジタル保険ナビトップ > 生命保険・医療保険 今どき事情⇒「保険料はどれくらい払うのが一般的?」

生命保険・医療保険 今どき事情⇒「保険料はどれくらい払うのが一般的?」

 
保険料はどれくらい払うのが一般的? データや調査で見る生命保険・医療保険 いまどき事情 みんなはどうしてるの??
 

人生で2番目に高い買い物と言われている『生命保険』

 

生命保険は一生涯で支払う金額の合計が1,000万円を超えるため、『人生で2番目に高い買い物』と言われています。

それだけに他の人がどれくらい保険料を払っているのか、とても気になりますよね。

気になるけれど収入などが絡んでくる込み入った話になりますので、親しい方にもなかなか聞けないのが現状でしょう。

そんな皆さんの疑問にズバリお答えします!

 

年間平均保険料

 
男性:平均31.0万円、女性:平均20.5万円、1世帯あたりの保険料は平均52.6万円
 

1世帯当たり年間約50万円の保険料を払っているということは、一生涯で1,000万〜2,000万円の保険料を払っているという計算です。

年間の平均保険料が約50万円と聞いて、皆さんは高いと思われるでしょうか、安いと思われるでしょうか?

この約50万という金額を加入世帯の年収に占める割合でみるとその平均は約9.2%!

年収が変われば当然適正な保険金額や保険料も変わってきますが、一般的には年収の約1割を保険料として払っているということです。

 

【世帯主の年齢別平均保険料】

世帯主年齢 年間平均保険料
29歳以下 25.9万円
30歳〜34歳 35.6万円
35歳〜39歳 40.0万円
40歳〜44歳 54.3万円
45歳〜49歳 58.6万円
50歳〜54歳 57.9万円
55歳〜59歳 61.6万円
60歳〜64歳 58.7万円
65歳〜69歳 53.3万円
70歳以上 48.2万円
 

【世帯収入別に見た保険料平均】

世帯主年齢 年間平均保険料
200万未満 32.5万円
200〜300万 36.5万円
300〜400万 41.3万円
400〜500万 43.7万円
500〜600万 51.6万円
600〜700万 50.7万円
700〜1000万 58.2万円
1000万以上 81.4万円
 

【世帯年間払込保険料対年収比率】

2%未満:8.7%、2〜4%未満:11.8%、4〜6%未満:13.4%、6〜8%未満:12.3%、8〜10%未満:8.2%、10〜15%未満:13.9%、15%未満:13.0%、不明:18.8%
 

もちろん、生命保険は『高いから良い』、『安いから悪い』というものではありませんし、ましてやほかの家庭の平均と自分の家庭を比べるものでもありません。

どれだけご自身やご家庭にあった【保障】と【保険料】を、しっかりと検討して加入されることが一番のポイントなのです。

 

これらのことをご理解いただいた上で!

上記したデータなども参考にしながら、ご自身の「保険」について、今一度じっくりと考えてみてはいかがでしょうか?

 

保険の専門家、「独立系」FPにおまかせ下さい!

毎日 保険相談ノート」の運営会社、【保険マンモス株式会社】では、複数の保険会社を取扱うことができる、全国の「独立系」優良FP(ファイナンシャル・プランナー)による無料の保険相談(面談)を実施しております。

お電話での24時間ご予約受け付けも行っておりますので、保険見直しの方も保険未加入の方も、是非お気軽にご利用ください。

実績の!生命保険の無料相談

 
専門家(ファイナンシャル・プランナー)による保険相談が無料で受けられるんだね。フリーダイヤル「0120-030-730」土日もOK!無料相談のお申込み受付 平日7:00〜22:00 土日祝9:00〜20:00(保険マンモスが受け付けます):オペレータに毎日 保険相談ノートからのお申込みとお伝え下さい。
 
 
Topページに戻る『クリック!!』 このページの一番上へ『クリック!!』